受給事例

脳出血にて左肢体不自由 障害厚生年金1級、年間約236万円を取得できたケース

相談者:男性(四日市市/50代) 傷病名:右被殻出血(脳出血) 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 受給額:年間約236万円 相談者様の状況 リハビリテーション病院からご紹介をいただき、ご自宅に訪問させていただきました。車イスで生活をされていました。仕事をしたくても仕事ができないとのことでした。発症時は同僚と食事に出かけたとき、呂律が回らなくなり、左手に力が入らな
続きを読む >>

うつ病により障害厚生年金2級を取得し、初回入金額214万円を受給できたケース

相談者:男性(40代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年間約122万円 初回入金額214万円 相談者様の状況 初診時の状況は腹痛から受診が始まったとのことでした。徐々に抑うつ気分が出現して、体調が優れない状況が続くようになってきました。現在は、家にいればほとんど横になっており、母親の援助のもと過ごしている状況とのことでした。 
続きを読む >>

完全房室ブロックによるペースメーカー移植により障害厚生年金3級を取得し、年間約125万円を受給できたケース

相談者:男性(安城市/50代/営業職) 傷病名:完全房室ブロック 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:年間約125万円 相談者様の状況 半年前にペースメーカーの移植手術を受け、数ヶ月後には職場に復帰することができています。しかしながら、業務については十分に配慮されており、以前と同様の働き方はできていない状況でした。 相談から請求までのサポート
続きを読む >>

てんかん 障害基礎年金2級 年間約78万円受給できたケース

相談者:女性(亀山市/40代後半) 傷病名:てんかん 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年間約78万円 相談者様の状況 現在、就労支援事業所B型に通所されているという方からお問合せのお電話をいただきました。       25歳の頃、突然てんかんの発作が起きて救急搬送されたのが始まりだそうです。その後は数年、薬で発作は抑えられていたそうですが、年に3回ほど
続きを読む >>

双極性感情障害により障害基礎年金2級を取得し、遡及分を含めた初回入金額345万円を受給できたケース

相談者:女性(40代/無職) 傷病名:双極性感情障害 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年間約78万円  初回入金額345万円  相談者様の状況 近隣トラブルに端を発し、うつ症状を訴えるようになったようです。基本的に外出することもできず、自宅にて横になって一日を過ごすことが多くなってきており、ご主人の援助を最大限に受けながら生活しているとのことでした。外
続きを読む >>

うつ病により障害基礎年金2級を取得し、年間約78万円を受給できたケース

相談者:男性(40代/無職) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年間約78万円  相談者様の状況 20歳前障害にて2年前に不支給決定、審査請求をされているケースでした。 過去に職に就いていた時期は非常に少なく、現在も無職で、病院併設のデイケア等に通所している状況でした。 相談から請求までのサポート 精神疾患のボラン
続きを読む >>

うつ病により障害厚生年金3級を取得し、年間約58万円を受給できたケース

相談者:男性(30代/派遣会社勤務) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:年間約58万円  相談者様の状況 夜中の3時に電話が鳴り、ご相談がございました。現在派遣会社に勤務しているが、転職を繰り返す状況であり、なかなか継続することができなず、精神的にもかなり深刻なご様子でした。 相談から請求までのサポート 隣の市にお住
続きを読む >>

うつ病により障害厚生年金3級を取得し、年間約85万円を受給できたケ-ス

相談者:男性(40代/会社員) 傷病名:うつ病 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:年間約85万円  相談者様の状況 20年以上前に職場での勤務上のストレスを感じ、不眠や気分低下などとなり、徐々に休みがちになりました。何度も休暇を繰り返しながらも勤務と継続している状況でした。 申請時の勤務状況はほぼ毎日勤務できていましたが、障害者雇用としての勤務となり、
続きを読む >>

視神経脊髄炎により障害基礎年金2級を取得し、年間約78万円を受給できたケース

相談者:女性(40代/無職) 傷病名:視神経脊髄炎 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年間約78万円 相談者様の状況 現在おひとりでお住まいの方であり、病気が発症した後に離婚されました。肢体に障害があり、行動は限りなく制限されている状況でした。 補装具なしでは歩行は不可能であり、日常生活のすべてに不便を感じてみえました。 相談か
続きを読む >>

持続性気分障害により障害厚生年金2級を取得し、年間約123万円を受給出来たケース

相談者:女性(40代/無職) 傷病名:持続性気分障害 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年間約123万円 相談者様の状況 20歳頃よりパニック発作の症状が現れ、現在は強い抑うつ状態により、毎日自宅で横になって過ごしている状態でした。福祉施設や役所の方々に支えられて、ひとりで生活を送っておられました。今回は福祉施設の相談員の方からのご相談でした。
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 090-3480-1720

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

三重・奈良障害年金サポートセンターの最新コラム

障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中